知っておきたい多肉植物の育て方【最低限の知識は頭に入れておこう】

伐採

所有している山の手入れは

自宅の庭や持っている山などの手入れはなかなか自分で行うのは大変です。専門の業者がいるのでここに作業を依頼しましょう。大阪に住んでいれば大阪にある地元密着の業者がおすすめです。信頼できる伐採などを行ってくれます。また、依頼前には複数の地元密着の業者から見積もりを取ることが、大切です。

詳しく見る

基本的な育成の仕方

多肉植物

風通しと水やりがポイント

ガーデニングをしてみたいけど、植物を育てた経験が少ないから心配、という方にもおすすめなのが、多肉植物です。水やりを頻繁にしなくていいので、一人暮らしのお部屋でも育てやすいというのも、人気のポイントです。とは言え、何も育て方を知らないまま多肉植物を育て始めると、枯らしたり、腐らせてしまう危険性もあります。生き物を育てる以上、最低限の知識は頭に入れておきましょう。多くの種類に共通する基本となる育て方は、風通しの良い場所に置き、水を与え過ぎないように注意する、という事です。元々乾燥した土地に適応して進化した植物なので、その環境に準ずるような状況を疑似的に作り出す事によって、生き生きとした姿を見せてくれます。特に水やりについては、土が完全に乾いていたとしても、葉や茎の張りがしっかりしていれば与える必要はありません。また多肉植物には夏型と冬型、さらにその中間となる春秋型という種類があります。それぞれ育て方に特徴が見られます。夏型は春から秋にかけて生長し、冬場には休眠する種類です。冬型はこれの丁度逆で、秋から春にかけて生長して、夏場には休眠する形になります。春秋は基本的に夏型と似た特徴を持ちますが、真冬と真夏の両方で休眠する特徴があります。休眠期は生長が止まるので、水やりは控える必要があります。育て方を種類ごとに見た場合、夏型と春秋型は、共に日当りのよい風通しの良い条件を好みます。ただ真夏の直射日光が当たると日焼けしてしまうので、夏場はカーテン越しの窓辺に置くようにします。一方冬型は、暑さに弱いので、通常は直射日光の当たらない明るい日陰に置きます。ただ冬場だけは生育に日光が欠かせないので、日当りの良い窓辺に置くと元気に育ちます。日本の夏は冬型の多肉植物にとってかなり過酷な環境なので、出来るだけ涼しい場所で育てるように工夫しましょう。

芝

芝を張る前の準備

庭に芝張りをするためには、芝の生育に適した時期に施工する必要があります。また施工後に水たまりなどを作らないためには、芝を張る地面を平らに均すなど、地面の下処理が欠かせません。DIYでも出来ますが、手間をかけたくないなら業者に依頼してください。

詳しく見る

芝

安くするために

人工芝を少しでも安く敷きたいと考えているなら、まず実際に現場まで見に来てもらい見積もりをして、金額に変更はないのかの確認をしておく必要があります。それからアフターフォローのある業者にしておけば、長持ちさせられるので経済的です。

詳しく見る

多肉植物

正しい環境に置く重要性

多肉植物を正しい育て方で育てる場合に重要になるのが、植物を育てる環境です。多肉植物には暑さに強い種類のものも多いのですが、あまり暑すぎる場所だとかえって生育に悪い影響を与えるために、風通しの良い適度な温度の場所に置く必要があります。

詳しく見る

木

費用の比較が大事

大阪にはいくつかの伐採業者があります。庭木の手入れのために依頼したい場合は、大阪で複数の業者から見積もりを出してもらい比較することが大事です。それぞれ費用は異なります。1本いくらというように提示されることが多くなっています。

詳しく見る

Copyright© 2018 知っておきたい多肉植物の育て方【最低限の知識は頭に入れておこう】 All Rights Reserved.